会社の取り組み

求められつづけるため、“形から入り心に至る”を実践

すぐれた業務品質の実現、価値観が揃った社員の育成、明朗快活な企業風土の醸成を確実かつ着実にかなえ、地域と市民の皆様に求められる企業でありつづけるために、糸島環境開発は “形から入り心に至る” をモットーとした様々な取り組みをおこなっています。

環境整備

1、安全第一、安全を最優先で業務を遂行しています。
2、毎朝、出勤時に安全運転管理者が対面によるアルコールチェック(東洋マーク社製 電気化学式高性能アルコールチェッカー)を行い、同時に1人1人の健康状態を確認しています。
3、 ドライブレコーダーを全車両に設置し、事故の予防につとめています。また、急減速、急ハンドル、ヒヤリハット事案の洗い出しを実施し、指導、改善に努めさらなる安全運転の徹底を図っています。
4、会社内と一部の業務車輌にAEDを設置、搭載しています。 急病人が出た場合でも必要な応急処置が可能です。また、全従業員が糸島市消防本部様にて普通救命講習を受講済みです。糸島市消防本部様が認定する応急手当普及員も社内に常駐しています。

【安全に関する基本的方針】
いかなる環境下においても安全確保を最優先します。安全な業務を遂行するため、業務に関わる関係法令の遵守を徹底します。安全に関する指導、講習等を適切に実施し常に安全意識の向上に努めます。万一、事故、災害が発生した場合は人命救助を最優先に行い、他の機関と連携し被害の拡大防止、早期復旧に全力をあげます。

早朝勉強会

毎日の清掃に加えて、毎週金曜日の夕方、社員全員で環境整備を実施しています。
環境整備とは、
1.仕事をやり易くする環境を整えて備える。
2.「形」から入って「心」に至る。「形」ができるようになれば、あとは自然と「心」がついてくる。
3. 職場で働く人の心をかよわせ、仕事のやり方・考え方に気付く習慣を身につける。
との方針に基づき、計画を立てた所を30分間行います。環境整備を実施する場所はチェックリストにより全員の担当が決まっており、その部分を30分間徹底的にピカピカに磨き込みます。

社内勉強会

地域貢献活動の一環として、社屋周辺の道路や美咲が丘駅前の清掃活動を毎月実施しています。

一緒に働く仲間を募集しています

一生懸命働ける、やりがいを感じることができる職場です。
糸島市の生活環境を一緒に守りましょう。

Copyright (C) ITOSHIMA-KANKYOUKAIHATSU Co. Ltd. All Rights Reserved.