ブログ

2020.06.24

ハマボウ

皆様、こんにちは!

 

毎日、梅雨とは思えない暑さが続いていますね!

 

しっかりと熱中症対策を忘れずに元気に乗り切りましょう!!

 

さて今回は、前回のブログに引き続きハマボウについて紹介したいと思います。

 

ハマボウは糸島市のシンボルの花で、糸島市のゆるキャラで皆様に愛されている、

 

いとゴンも手に持ってます!

 

いとゴン

 

 

ハマボウはアオイ科フヨウ属の落葉低木で、7月上旬から7月下旬ごろに直径5センチ

 

メートルから8センチメートルの淡い黄色の花を咲かせます。

 

朝に咲いて、太陽の方角を向いて開花します!夕方には萎んでしまうそうです。

 

私のお腹も一日で萎んでくれたらいいんですが・・・

 

話はさておき、

 

近年は全国的に減少し、ハマボウはなんと絶滅危惧2類、はまぼう群落が

 

カテゴリー3(破壊の危惧)に指定されています。

 

そのような中、雷山川下流(通称:泉川)一帯は九州有数のハマボウ群落で、

 

加布羅(がぶら)橋から河口に向かい両岸に730本ほどのハマボウが群生しています。

 

7月下旬頃までは、次から次に開花しますので、

 

この時期を見逃すことなく、ぜひご鑑賞してみてください!

 

7月1日からの1ヶ月の期間だけですが、し尿処理場にも

 

臨時駐車場が開設されますので、是非ご利用ください!

 

ハマボウ

 

ハマボウ4

ハマボウ2

糸島市民の方には、お馴染みのハマボウの花ですが、

 

改めて見るとやっぱり癒されますね(*´▽`*)

 

癒しを求めて私も行ってみようと思います!

 

 

 

それではまた!!

 

株式会社 糸島環境開発

               稗田 健明

一緒に働く仲間を募集しています

一生懸命働ける、やりがいを感じることができる職場です。
糸島市の生活環境を一緒に守りましょう。

Copyright (C) ITOSHIMA-KANKYOUKAIHATSU Co. Ltd. All Rights Reserved.